日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストによる iSCSI SendTargets 検出処理に対して FQDN を返すように iSCSI LIF を設定します

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9 以降では、ホスト OS から送信された iSCSI SendTargets 検出処理に対して Fully Qualified Domain Name ( FQDN ;完全修飾ドメイン名)を返すように iSCSI LIF を設定できます。FQDN を返すように設定すると、ホスト OS とストレージサービスの間にネットワークアドレス変換( NAT )デバイスがある場合に便利です。

IP アドレスは NAT デバイスを挟んだ反対側では認識されませんが、 FQDN であれば両方で認識されます。

注記

FQDN 値の互換性のある最大文字数は、すべてのホスト OS で 128 文字です。

手順
  1. 権限の設定を advanced に変更します。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. FQDN を返すように iSCSI LIF を設定します。

    vserver iscsi interface modify -vserver svm_name — LIF_iscsi_lif_name -sendtargets_fqdn FQDN

    次の例では、 FQDN として storagehost-005.example.com を返すように iSCSI LIF を設定しています。

    vserver iscsi interface modify -vserver vs1 -lif vs1_iSCSI1 -sendtargets-fqdn storagehost-005.example.com

  3. sendtargets が FQDN になっていることを確認します。

    vserver iscsi interface show -vserver _svm_name _ -fields sendtargets-fqdn

    この例では、 sendtargets-fqdn 出力フィールドに storagehost-005.example.com が表示されています。

    cluster::vserver*> vserver iscsi interface show -vserver vs1 -fields sendtargets-fqdn
    vserver lif        sendtargets-fqdn
    ------- ---------- ---------------------------
    vs1     vs1_iscsi1 storagehost-005.example.com
    vs1     vs1_iscsi2 storagehost-006.example.com