日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC 用に SVM を設定

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard

FC 用に Storage Virtual Machine ( SVM )を設定するには、 SVM 用の LIF を作成し、それらの LIF に FC プロトコルを割り当てる必要があります。

FC ライセンスが必要です。また、そのライセンスを有効にする必要があります。FC ライセンスが有効になっていない場合、 LIF と SVM はオンラインとして表示されますが、動作ステータスは「所有」になります。LIF と SVM を動作状態にするには、 FC サービスを有効にする必要があります。イニシエータをホストするには、 SVM 内のすべての FC LIF で単一イニシエータゾーニングを使用する必要があります。

ネットアップでは、 FC プロトコルを使用してデータを提供するそれぞれの SVM について、各ノードに少なくとも 1 つの FC LIF をサポートしています。ノードごとに 1 つの LIF を接続した構成では、ノードごとに 2 つの LIF と 2 つのファブリックを使用する必要があります。これにより、ノードレイヤとファブリックで冗長性が確保されます。

手順
  1. SVM で FC サービスを有効にします。

    「 vserver fcp create -vserver_vserver_name __ status-admin up 」の形式になります

  2. FC を提供する各ノードの SVM 用に 2 つの LIF を作成します。

    'network interface create -vserver vserver_name — lif_lif_name-role data -data-protocol fcp -home-node _node_name にホームポート名になります

    「 -role 」パラメータは「 data 」にし、「 data -protocol 」パラメータは「 fcp 」にする必要があります。

  3. LIF が作成され、動作ステータスが「 online 」になっていることを確認します。

    「 network interface show -vserver_vserver_name _ lif_name` 」のように表示されます