日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームのプロビジョニングオプションを設定

寄稿者

ボリュームにシンプロビジョニング、シックプロビジョニング、またはセミシックプロビジョニングを設定できます。

「 -space-slo 」オプションを「 thick 」に設定すると、次のようになります。

  • ボリューム全体がアグリゲートに事前に割り当てられます。volume create コマンドまたは volume modify コマンドを使用して ' ボリュームの space-guarantee オプションを構成することはできません

  • 上書きに必要なスペースの 100% がリザーブされます。volume modify コマンドを使用して ' ボリュームの -fractional-reserve オプションを設定することはできません

「 -space-slo 」オプションを「 emi-thick 」に設定すると、次のようになります。

  • ボリューム全体がアグリゲートに事前に割り当てられます。volume create コマンドまたは volume modify コマンドを使用して ' ボリュームの space-guarantee オプションを構成することはできません

  • スペースは上書き用にリザーブされません。volume modify コマンドを使用して ' ボリュームの -fractional-reserve オプションを設定できます

  • Snapshot コピーの自動削除が有効になります。

ステップ
  1. ボリュームのプロビジョニングオプションを設定します。

    'volume create -vserver_name_-volume_name_-aggregate-aggregate_name __-aggregate-aggregate_name slo none | thick | semi-thick -space-guarantee none|volume

    AFF システムおよび AFF DP 以外のボリュームでは '-space-guarantee-' オプションのデフォルトは 'none' ですそれ以外の場合 ' デフォルトは volume になります既存の FlexVol ボリュームの場合 ' volume modify コマンドを使用してプロビジョニング・オプションを構成します

    次のコマンドを使うと、 SVM vs1 上の vol1 にシンプロビジョニングが設定されます。

    cluster1::> volume create –vserver vs1 -volume vol1 -space-guarantee none

    次のコマンドを使うと、 SVM vs1 上の vol1 にシックプロビジョニングが設定されます。

    cluster1::> volume create –vserver vs1 -volume vol1 -space-slo thick

    次のコマンドを使うと、 SVM vs1 上の vol1 にセミシックプロビジョニングが設定されます。

    cluster1::> volume create –vserver vs1 -volume vol1 -space-slo semi-thick