日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN のコピーに関する注意事項

寄稿者

LUN をコピーする場合は、いくつかの考慮事項に注意する必要があります。

クラスタ管理者は、「 lun copy 」コマンドを使用して、クラスタ内の Storage Virtual Machine ( SVM )間で LUN をコピーできます。クラスタ管理者は、 SVM 間の LUN コピー処理を実行する前に、「 vserver peer create 」コマンドを使用して SVM ピア関係を確立する必要があります。ソースボリューム内に SIS クローン用の十分なスペースが必要です。

スナップショット・コピー内の LUN は 'lun copy コマンドのソース LUN として使用できます「 lun copy 」コマンドを使用して LUN をコピーすると、 LUN コピーに対する読み取りと書き込みがすぐに可能になります。LUN コピーの作成によってソース LUN が変更されることはありません。ソース LUN と LUN コピーは、 LUN シリアル番号の異なる一意の LUN として存在します。ソース LUN に対する変更は LUN コピーに反映されず、 LUN コピーに対する変更はソース LUN に反映されません。ソース LUN の LUN マッピングは新しい LUN にコピーされないため、 LUN コピーをマッピングする必要があります。

Snapshot コピーによるデータ保護はボリュームレベルで行われます。そのため、ソース LUN のボリュームとは異なるボリュームに LUN をコピーする場合、デスティネーション LUN にはデスティネーションボリュームのデータ保護形式が適用されます。デスティネーションボリューム用の Snapshot コピーが確立されていない場合、 LUN コピーの Snapshot コピーは作成されません。

LUN のコピーはノンストップオペレーションです。

次の種類の LUN はコピーできません。

  • ファイルから作成された LUN

  • NVFAIL 状態の LUN

  • 負荷共有関係にある LUN

  • プロトコルエンドポイントクラスの LUN