日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ポートセットを作成し、 igroup をポートセットにバインドします

寄稿者

Selective LUN Map ( SLM ;選択的 LUN マップ)に加えて、ポートセットを作成して igroup にバインドし、イニシエータが LUN へのアクセスに使用する LIF を詳細に制限することができます。ポートセットを igroup にバインドしない場合、 igroup 内のすべてのイニシエータが、 LUN を所有するノードおよび所有者ノードの HA パートナーのすべての LIF からマップ済みの LUN にアクセスできます。

少なくとも 1 つの LIF と 1 つの igroup が必要です。

インターフェイスグループを使用しないかぎり、 iSCSI と FC の冗長性を確保するために推奨される LIF の数は 2 個です。インターフェイスグループを使用する場合に推奨される LIF の数は 1 個です。

ノード上に LIF が 3 つ以上あり、特定のイニシエータを一部の LIF に制限する場合は、ポートセットと SLM を併用する方が効果的です。ポートセットを使用しない場合は、 LUN へのアクセス権を持つすべてのイニシエータが、 LUN を所有するノードおよび所有者ノードの HA パートナー経由でノード上のすべてのターゲットにアクセスできます。

手順
  1. 適切な LIF を含むポートセットを作成します。

    portset create -vserver_name_-portset_portset_name__ protocol_protocol_-port-name port_name

    FC を使用する場合は 'protocol' パラメータを FCP として指定しますiSCSI を使用している場合は 'protocol' パラメータを iSCSI として指定します

  2. igroup をポートセットにバインドします。

    「 lun igroup bind -vserver_name_-igroup igroup_name _ -portset_portset_name_` 」を指定します

  3. ポートセットと LIF が正しいことを確認します。

    portset show -vserver__name_

    Vserver   Portset   Protocol Port Names    Igroups
    --------- --------- -------- ------------- --------
    vs3       portset0  iscsi    lif0,lif1     igroup1