日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

igroup による LUN アクセスの提供例

寄稿者

複数の igroup を作成して、ホストで利用できる LUN を定義することができます。たとえば、ホストクラスタを使用している場合、いくつかの igroup を使用して、クラスタ内の 1 つのホストだけ、またはすべてのホストに特定の LUN が認識されるように設定できます。

次の表に、ストレージシステムにアクセスする 4 つのホストについて、 4 つの igroup によって LUN にアクセスできるようにする方法を示します。クラスタ化したホスト( Host3 および Host4 )は、両方とも同一 igroup ( group3 )のメンバーであり、この igroup にマッピングされている LUN にアクセスできます。group4 という igroup には Host4 の WWPN が含まれ、パートナーには表示されないローカルな情報が格納されます。

HBA WWPN 、 IQN 、または EUI のホスト igroup 数 igroup に追加されている WWPN 、 IQN 、 EUI igroup にマッピングされている LUN

Host1 、シングルパス( iSCSI ソフトウェアイニシエータ)

iqn.1991-05.com.microsoft:host1

グループ 1

iqn.1991-05.com.microsoft:host1

「 /vol/vol2/lun1 」

Host2 、マルチパス( HBA × 2 )

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 6b : 3c

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 02 : 3c

group2

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 6b : 3c

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 02 : 3c

「 /vol/vol2/lun2 」

Host3 、マルチパス、ホスト 4 でクラスタ構成

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 32 : 1b

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 41 : 02

グループ 3

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 32 : 1b

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 41 : 02

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 51 : 2c

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 47 : A2

/vol/vol2/qtree1/lun3`

Host4 、マルチパス、クラスタ構成( Host3 には認識されない)

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 51 : 2c

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 47 : A2

グループ 4

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 51 : 2c

10 : 00 : 00 : 00 : c9 : 2b : 47 : A2

/vol/vol2/qtree2 /lun4`/vol/vol2/qtree1/lun5`