日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SCSI シンプロビジョニングのホストサポート

寄稿者

SCSI シンプロビジョニングのメリットを活用するには、ホストで SCSI シンプロビジョニングがサポートされている必要があります。SCSI シンプロビジョニングは、 SCSI SBC-3 標準で定義されている論理ブロックプロビジョニング機能を使用します。この標準をサポートするホストだけが、 ONTAP の SCSI シンプロビジョニングを使用できます。

現在、スペース割り当てを有効にした場合の SCSI シンプロビジョニングに対応しているホストは次のとおりです。

  • VMware ESX 5.0 以降

  • Red Hat Enterprise Linux 6.2 以降

  • Citrix XenServer 6.5 以降

  • Microsoft Windows 2012

  • Microsoft Windows 2016

ONTAP でスペース割り当て機能を有効にする場合は、次の SCSI シンプロビジョニング機能を有効にします。

  • スペース再生のためのマッピング解除機能とスペース使用量のレポート機能

  • リソース不足エラーのレポート機能