日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN のサイズを拡張する

寄稿者 netapp-thomi

LUN の拡張後のサイズは、 ONTAP のバージョンによって異なります。

ONTAP バージョン LUN の最大サイズ

ONTAP 9.8 以降

  • すべての SAN アレイ( ASA )で 128 TB

  • ASA 以外の場合は 16TB

ONTAP 9.5 、 9.6 、 9.7

16TB

ONTAP 9.4 以前

元の LUN サイズの 10 倍ですが、たとえば 100GB で作成した場合、 16TB を超えることはできません。このサイズは、 1 、 000GB までしか拡張できません。

サイズを拡張するときに、 LUN をオフラインにする必要はありません。ただし、サイズを拡張したあとでホストがサイズの変更を認識するには、ホスト上の LUN を再スキャンする必要があります。

LUN のサイズ変更の詳細については 'lun resize コマンドのコマンド・リファレンスのページを参照してください

注記

Solaris LUN のサイズは変更できません。

手順
  1. LUN のサイズを拡張します。

    「 lun resize -vserver vserver_name _ -volume_name-lun_lun_name -size_lun_size_` 」を指定します

  2. 拡張した LUN のサイズを確認します。

    「 lun show -vserver vserver_name _ 」のように表示されます

    注記

    ONTAP の処理では、 LUN の実際の最大サイズが端数を切り捨てられるため、想定値よりも少し小さくなります。また、 LUN の実際のサイズは、 LUN の OS タイプによって多少異なります。サイズの正確な値を取得するには、 advanced モードで次のコマンドを実行します。

    「セットユニット B 」

    lun show -fields max-resize -size -volume volume_name — lun_lun_name

  3. ホスト上の LUN を再スキャンします。

  4. ホストのマニュアルに従って、新しく作成した LUN のサイズをホストファイルシステムに認識させます。