日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN に関するガイドライン

寄稿者

FC プロトコルと iSCSI プロトコルは、いずれも LUN を使用してストレージをプロビジョニングします。LUN のセットアップが完了したら、 LUN のサイズの拡張や縮小など、さまざまな管理タスクを実行できます。ボリュームを設定して適切な OS タイプを設定したら、 LUN のセットアップに必要な手順を完了する必要があります。

LUN ID の割り当てに関するガイドライン

通常、デフォルトの LUN ID は 0 で始まり、 LUN をマッピングするたびに 1 ずつ増加します。LUN ID は、ホストによって LUN の場所とパス名に関連付けられます。有効な LUN ID 番号の範囲は、ホストによって異なります。詳細については、 Host Utilities のマニュアルを参照してください。

LUN を igroup にマッピングする場合のガイドラインを次に示します

  • LUN は 1 つの igroup にのみマッピングできます。

  • LUN は igroup を介して 1 つの特定のイニシエータにのみマッピングできます。

  • 1 つのイニシエータを複数の igroup に追加できますが、そのイニシエータをマッピングできる LUN は 1 つだけです。

  • 同じ igroup にマッピングされている 2 つの LUN に、同じ LUN ID を使用することはできません。

  • igroup およびポートセットには、同じ種類のプロトコルを使用する必要があります。