日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault バックアップから単一の LUN をリストアする

寄稿者

単一の LUN を新しい場所または元の場所にリストアできます。SnapVault セカンダリボリューム内の任意の Snapshot コピーを使用してリストアできます。LUN を元の場所にリストアするには、まず新しい場所にリストアしてから、元の場所にコピーします。

必要なもの
  • SnapVault 関係が初期化されていて、 SnapVault セカンダリボリュームに、リストアに使用する適切な Snapshot コピーが含まれている必要があります。

  • SnapVault セカンダリボリュームがある Storage Virtual Machine ( SVM )に、適切な SAN プロトコル対応の LIF が 1 個以上あり、 LUN コピーへのアクセスに使用するホストからこの LIF にアクセスできることが必要です。

  • igroup が SnapVault SVM 上にすでに存在している必要があります。

このプロセスでは、 SnapVault セカンダリボリューム内の Snapshot コピーから、読み書き可能なボリュームクローンを作成します。このクローン内の LUN を直接使用することも、必要に応じて LUN の内容を元の LUN の場所にコピーすることもできます。

クローン内の LUN のパスとシリアル番号は、元の LUN のものとは異なります。永続的予約は維持されません。

手順
  1. 「 snapmirror show 」コマンドを実行し、 SnapVault バックアップが格納されたセカンダリ・ボリュームを確認します。

    cluster::> snapmirror show
    
    Source         Dest     Mirror  Relation  Total             Last
    Path     Type  Path     State   Status    Progress  Healthy Updated
    -------- ---- --------- ------- --------- --------- ------- -------
    vserverA:srcvolA
             XDP  vserverB:dstvolB
                            Snapmirrored
                                    Idle       -         true    -
  2. volume snapshot show コマンドを実行し、 LUN のリストア元となる Snapshot コピーを特定します。

    cluster::> volume snapshot show
    
    Vserver  Volume  Snapshot               State Size   Total% Used%
    -------- ------- ---------------------- ----- ------ ------ -----
    vserverB
             dstvolB
                     snap2.2013-02-10_0010  valid  124KB     0%    0%
                     snap1.2013-02-10_0015 valid  112KB     0%    0%
                     snap2.2013-02-11_0010  valid  164KB     0%    0%
  3. volume clone create コマンドを実行して、目的の Snapshot コピーから読み書き可能クローンを作成します。

    ボリュームクローンは、 SnapVault バックアップと同じアグリゲート内に作成されます。アグリゲート内に、クローンを格納できるだけの十分なスペースが必要です。

    cluster::> volume clone create -vserver vserverB
      -flexclone dstvolB_clone -type RW -parent-volume dstvolB
      -parent-snapshot daily.2013-02-10_0010
    [Job 108] Job succeeded: Successful
  4. ボリューム・クローン内の LUN を一覧表示するには 'lun show コマンドを実行します

    cluster::> lun show -vserver vserverB -volume dstvolB_clone
    
    Vserver   Path                      State   Mapped   Type
    --------- ------------------------  ------- -------- --------
    vserverB  /vol/dstvolB_clone/lun_A  online  unmapped windows
    vserverB  /vol/dstvolB_clone/lun_B  online  unmapped windows
    vserverB  /vol/dstvolB_clone/lun_C  online  unmapped windows
    
    3 entries were displayed.
  5. 目的のホストの igroup が、 SnapVault バックアップがある SVM 内にまだ存在していない場合は、「 igroup create 」コマンドを実行して igroup を作成します。

    この例では、 iSCSI プロトコルを使用する Windows ホスト用の igroup を作成しています。

    cluster::> igroup create -vserver vserverB -igroup temp_igroup
      -protocol iscsi -ostype windows
      -initiator iqn.1991-05.com.microsoft:hostA
  6. lun mapping create コマンドを実行し、目的の LUN コピーを igroup にマッピングします。

    cluster::> lun mapping create -vserver vserverB
      -path /vol/dstvolB_clone/lun_C -igroup temp_igroup
  7. ホストを LUN に接続し、適宜 LUN の内容にアクセスします。

    この LUN は読み書き可能であり、元の LUN の代わりに使用できます。LUN のシリアル番号が異なるため、ホストはこの LUN が元の LUN とは別の LUN であると解釈します。

  8. ホスト上でコピープログラムを使用して、 LUN の内容を元の LUN にコピーします。