日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI を使用した SAN プロビジョニング

寄稿者 netapp-thomi

SAN 環境において、ストレージシステムはストレージターゲットデバイスを含むターゲットです。iSCSI および FC では、ストレージターゲットデバイスを LUN (論理ユニット)と呼びます。Non-Volatile Memory Express ( NVMe ) over Fibre Channel では、ストレージターゲットデバイスをネームスペースと呼びます。

iSCSI および FC の場合は LUN 、 NVMe の場合はネームスペースを作成することでストレージを構成します。これらの LUN またはネームスペースに、ホストから Internet Small Computer System Interface ( iSCSI )または Fibre Channel ( FC ;ファイバチャネル)プロトコルネットワーク経由でアクセスします。

iSCSI ネットワークに接続するために、ホストでは標準のイーサネットネットワークアダプタ( NIC )、ソフトウェアイニシエータを搭載した TOE カード、 CNA 、または専用の iSCSI Host Bus Adapter ( HBA ;ホストバスアダプタ)を使用します。

FC ネットワークに接続する場合、ホストでは FC HBA または CNA が必要です。

サポートされる FC プロトコルは次のとおりです。

  • FC

  • FCoE

  • NVMe

iSCSI ターゲットノードのネットワーク接続と名前

iSCSI ターゲットノードは、いくつかの方法でネットワークに接続できます。

  • ONTAP に統合されているソフトウェアを使用して、イーサネットインターフェイスを介して接続する。

  • 複数のシステムインターフェイスを介して接続する。 iSCSI に使用されるインターフェイスで、 CIFS や NFS など、他のプロトコルのトラフィックも送信できます。

  • ユニファイドターゲットアダプタ( UTA )または Converged Network Adapter ( CNA ;統合ネットワークアダプタ)を使用する。

すべての iSCSI ノードには、ノード名が必要です。

iSCSI ノード名の 2 つの形式、つまり、タイプ指定子は、 _iqn と _eui _ です。SVM iSCSI ターゲットでは、常に iqn タイプの指定子が使用されます。イニシエータでは、 iqn タイプ指定子と eui タイプ指定子のどちらも使用できます。

ストレージシステムのノード名

iSCSI を実行している各 SVM には、逆ドメイン名と一意のエンコード番号から成るデフォルトのノード名が付いています。

ノード名は次の形式で表示されます。

iqn.1992-08.com.netapp:sn.unique-encoding-number

次の例は、一意のエンコード番号を持つストレージシステムのデフォルトのノード名です。

iqn.1992-08.com.netapp:sn.812921059e6c11e097b3123478563412:vs.6

iSCSI の TCP ポート

iSCSI プロトコルは、 TCP ポート番号 3260 を使用するように、 ONTAP で設定されています。

ONTAP では、 iSCSI のポート番号の変更がサポートされていません。ポート番号 3260 は iSCSI 仕様の一部として登録されており、他のアプリケーションやサービスでは使用できません。