日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVMs と iSNS サーバの連動

寄稿者

iSNS サーバは、 Storage Virtual Machine ( SVM )の管理 LIF を介して各 SVM と通信します。管理 LIF は、特定の SVM のすべての iSCSI ターゲットのノード名、エイリアス、およびポータル情報を iSNS サーバに登録します。

次の例では、 SVM VS1 が SVM 管理 LIF vs1_mgmt_lif を使用して、 iSNS サーバに登録しています。iSNS に登録中、 SVM はすべての iSCSI LIF を SVM 管理 LIF を介して iSNS サーバに送信します。iSNS での登録が完了すると、 iSNS サーバには VS1 で iSCSI を提供するすべての LIF のリストが格納されます。複数の SVMs があるクラスタでは、 iSNS サービスを使用する個々の SVM が iSNS サーバに登録する必要があります。

BSAG c モード iSNS レジスタ

次の例では、 iSNS サーバがターゲットへの登録を完了すると、手順 1 に示すように、ホスト A は VS1 のすべての LIF を iSNS サーバ経由で検出できます。ホスト A が VS1 の LIF の検出を完了すると、ホスト A は手順 2 に示すように、 VS1 内の LIF との接続を確立できるようになります。VS2 の管理 LIF S2_mgmt_LIF を登録するまで、ホスト A は VS2 の LIF を認識しません。

BSAG c モード iSNS 接続

ただし、インターフェイスアクセスリストを定義すると、ホストがターゲットへのアクセスに使用できるのはインターフェイスアクセスリストに定義された LIF のみになります。

一度 iSNS が設定されると、 SVM の設定を変更するたびに ONTAP によって iSNS サーバが自動的に更新されます。

設定を変更してから ONTAP から iSNS サーバに更新情報が送信されるまでには、数分程度の遅れが生じる可能性があります。iSNS サーバの iSNS 情報を強制的に更新します: vserver iscsi isns update