日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC 構成および FC-NVMe 構成におけるクラスタあたりのサポートされるホスト数を確認します

寄稿者

クラスタに接続できる SAN ホストの最大数は、クラスタの各ノードに接続されるホストの数、ホストあたりのイニシエータ数、ホストあたりのセッション数、クラスタ内のノード数など、クラスタのさまざまな属性の組み合わせによって大きく異なります。

FC 構成および FC-NVMe 構成では、システムの Initiator-Target Nexus ( ITN ;イニシエータ - ターゲット接続)の数に基づいて、クラスタにホストを追加できるかどうかを判断します。

1 つの ITN は、ホストのイニシエータからストレージシステムのターゲットへの 1 つのパスに該当します。FC 構成および FC-NVMe 構成のノードあたりの最大 ITN 数は 2 、 048 です。ITN がこの最大数を超えない限り、クラスタにホストを追加することができます。

クラスタで使用されている ITN の数を確認するには、クラスタの各ノードで次の手順を実行します。

手順
  1. ノードの LIF をすべて特定します。

  2. ノードのすべての LIF に対して次のコマンドを実行します。

    fcp initiator show -fields wwpn 、 lif`

    コマンド出力の一番下に表示されたエントリ数が、その LIF の ITN 数です。

  3. それぞれの LIF について、表示された ITN 数を記録します。

  4. クラスタのすべてのノードの各 LIF の ITN 数を合計します。

    この値がクラスタの ITN の総数になります。