日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイバチャネルおよび FCoE のゾーニングの概要

寄稿者

FC ゾーン、 FC-NVMe ゾーン、または FCoE ゾーンは、ファブリック内の 1 つ以上のポートを論理的にグループ化したものです。デバイス同士が互いを認識し、接続し、相互にセッションを確立して通信できるようにするには、両方のポートに共通のゾーンメンバーシップが必要です。シングルイニシエータのゾーニングを推奨します。

ゾーニングを行う理由

  • イニシエータ HBA 間のクロストークを削減または解消できます。

    これは小規模な環境でも発生し、ゾーニングを実装する最大の理由の 1 つです。ゾーニングによってファブリックの論理サブセットを作成することで、クロストークの問題が解消されます。

  • 特定の FC 、 FC-NVMe 、または FCoE ポートへの使用可能なパスの数と、ホストと特定の LUN の間に認識されるパスの数を減らすことができます。

    たとえば、一部のホスト OS のマルチパスソリューションには、管理できるパスの数に制限があります。ゾーニングを使用すると、 OS のマルチパスドライバで認識されるパスの数を減らすことができます。ホストにマルチパス解決策がインストールされていない場合は、ファブリックのゾーニングまたは SVM の選択的 LUN マッピング( SLM )とポートセットの組み合わせを使用して、認識される LUN へのパスが 1 つだけであることを確認する必要があります。

  • ゾーンを共有するエンドポイントへのアクセスと接続を制限することで、セキュリティを強化します。

    共通のゾーンがないポート同士が通信することはできません。

  • 発生する問題を切り離すことで SAN の信頼性が高まり、問題の範囲を限定することで解決時間を短縮する効果があります。

ゾーニングに関する推奨事項

  • 1 つの SAN にホストを 4 つ以上接続する場合や SAN に接続されたノードで SLM が実装されていない場合は、常にゾーニングを実装してください。

  • 一部のスイッチベンダーでは World Wide Node Name のゾーニングも使用できますが、特定のポートを正しく定義し、 NPIV を効果的に利用するには、 World Wide Port Name のゾーニングを使用する必要があります。

  • 管理性を損なわない範囲でゾーンサイズを制限することを推奨します。

    複数のゾーンを重複させてサイズを制限することができます。ホストまたはホストクラスタごとにゾーンを定義することを推奨します。

  • イニシエータ HBA 間のクロストークを解消するために、単一イニシエータのゾーニングを使用してください。