日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コンピュータの管理 MMC を使用して、 SMB 共有でオフラインファイルサポートを設定します

寄稿者

オフラインで使用するためにファイルをローカルにキャッシュすることをユーザに許可する場合は、コンピュータの管理 MMC ( Microsoft 管理コンソール)を使用してオフラインファイルのサポートを設定できます。

手順
  1. Windows サーバー上の MMC を開くには、 Windows エクスプローラで、ローカルコンピューターのアイコンを右クリックし、 * 管理 * を選択します。

  2. 左側のパネルで、「 * コンピュータの管理 * 」を選択します。

  3. 「 * アクション * > * 別のコンピューターに接続 * 」を選択します。

    [ コンピュータの選択 ] ダイアログボックスが表示されます。

  4. CIFS サーバの名前を入力するか、 * Browse * をクリックして CIFS サーバを指定します。

    CIFS サーバの名前が Storage Virtual Machine ( SVM )ホスト名と同じである場合は、 SVM 名を入力します。CIFS サーバの名前が SVM ホスト名と異なる場合は、 CIFS サーバの名前を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. コンソールツリーで、 * システムツール * > * 共有フォルダー * をクリックします。

  7. [* 共有 ] をクリックします。

  8. 結果ペインで、共有を右クリックします。

  9. * プロパティ * をクリックします。

    選択した共有のプロパティが表示されます。

  10. [ 一般 * ] タブで、 [ * オフライン設定 * ] をクリックします。

    [ オフライン設定 ] ダイアログボックスが表示されます。

  11. 必要に応じて、オフラインの可用性オプションを設定します。

  12. [OK] をクリックします。