日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

force-group 共有設定を使用して SMB 共有を作成します

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-thomi netapp-aherbin

UNIX ファイルセキュリティ形式のボリュームや qtree にあるデータにアクセスする SMB ユーザが、同じ UNIX グループに属していると ONTAP でみなされるようにするには、 force-group 共有設定を使用して SMB 共有を作成します。

ステップ
  1. SMB 共有を作成します。 vserver cifs share create -vserver vserver_name __ -share-name share_name -path path -force-group-for-create _UNIX_group_name _`

    共有の UNC パス (\\servername\sharename\filepath') に 256 文字を超える (UNC パスの初期 “\\`”) が含まれている場合、 Windows の [ プロパティ ] ボックスの Security タブは使用できません。これは、 ONTAP 問題ではなく Windows クライアント問題です。この問題を回避するには、 UNC パスが 256 文字を超える共有を作成しないでください。

    共有の作成後に force-group を削除する場合は、「 -force-group-for-create 」パラメータの値に空の文字列( "" )を指定して共有を変更します。共有を変更して force-group を削除した場合、この共有への既存のすべての接続には、引き続き以前に設定された force-group がプライマリ GID として使用されます。

次のコマンドでは、 Web でアクセス可能な「 webpages 」共有を「 /corp/companyinfo 」ディレクトリに作成します。 SMB ユーザがこのディレクトリ内に作成するすべてのファイルは、 webgroup1 グループに割り当てられます。

「 vserver cifs share create -vserver vs1 -share-name webpages -path /corp/companyinfo -force-group-for-create webgroup1