日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB 共有で BranchCache を無効にする手順の概要

寄稿者 netapp-thomi

特定の SMB 共有で BranchCache キャッシュサービスを提供する必要がなくなったが、あとでそれらの共有でキャッシュサービスが必要になる可能性がある場合は、共有ごとに BranchCache を無効にすることができます。すべての共有でキャッシュを提供するように BranchCache を設定しているが、一時的にすべてのキャッシュサービスを無効にする必要がある場合は、 BranchCache 設定を変更してすべての共有で自動キャッシュを停止することができます。

SMB 共有で有効になっていた BranchCache をあとから無効にすると、 ONTAP による要求元クライアントへのメタデータの送信が中止されます。データが必要なクライアントは、コンテンツサーバ( Storage Virtual Machine ( SVM )上の CIFS サーバ)から直接データを取得します。