日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BranchCache を有効または無効にします

寄稿者

Storage Virtual Machine ( SVM )で BranchCache を無効にするには、 BranchCache の動作モードを「 disabled 」に変更します。BranchCache サービスを共有単位で提供するか、すべての共有で自動的に提供するように動作モードを変更すると、いつでも BranchCache を有効にすることができます。

手順
  1. 該当するコマンドを実行します。

    状況 入力するコマンド

    BranchCache を無効にする

    vserver cifs branchcache modify -vserver vserver_name -operating-mode disable`

    共有ごとに BranchCache を有効にします

    vserver cifs branchcache modify -vserver vserver_name -operating-mode per-share ’

    すべての共有で BranchCache を有効にします

    vserver cifs branchcache modify -vserver vserver_name -operating-mode all-shares

  2. BranchCache の動作モードが適切な設定になっていることを確認します。 vserver cifs branchcache show -vserver vserver_name

次の例は、 SVM vs1 で BranchCache を無効にします。

cluster1::> vserver cifs branchcache modify -vserver vs1 -operating-mode disable

cluster1::> vserver cifs branchcache show -vserver vs1

                                 Vserver: vs1
          Supported BranchCache Versions: enable_all
                      Path to Hash Store: /hash_data
          Maximum Size of the Hash Store: 20GB
Encryption Key Used to Secure the Hashes: -
        CIFS BranchCache Operating Modes: disable