日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CIFS サーバ上で GPO のサポートを有効または無効にします

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard

CIFS サーバでグループポリシーオブジェクト( GPO )のサポートを有効または無効にできます。CIFS サーバ上で GPO のサポートを有効にすると、グループポリシー( CIFS サーバコンピュータオブジェクトを含む組織単位に適用されるポリシー)に定義されている該当する GPO が CIFS サーバに適用されます。

注記
このタスクについて

GPO はワークグループモードの CIFS サーバでは有効にできません。

手順
  1. 次のいずれかを実行します。

    状況 入力するコマンド

    GPOs を有効にします。

    vserver cifs group-policy modify -vserver vserver_name __ status enabled`

    GPOs を無効にする

    vserver cifs group-policy modify -vserver vserver_name __ status disabled`

  2. GPO サポートが指定した状態になっていることを確認します。 vserver cifs group-policy show -vserver + vserver_name _ ’

    ワークグループモードの CIFS サーバのグループポリシーステータスは「 disabled 」と表示されます。

次の例は、 Storage Virtual Machine ( SVM ) vs1 で GPO サポートを有効にします。

cluster1::> vserver cifs group-policy modify -vserver vs1 -status enabled

cluster1::> vserver cifs group-policy show -vserver vs1

            Vserver: vs1
Group Policy Status: enabled