日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチドメインネームマッピングの検索を有効または無効にします

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard

マルチドメインネームマッピングの検索では、 UNIX ユーザから Windows ユーザへのネームマッピングを設定するときに、 Windows 名のドメイン部分にワイルドカード( \ * )を使用できます。名前のドメイン部分にワイルドカード( * )を使用すると、 ONTAP で、 CIFS サーバのコンピュータアカウントが含まれるドメインと双方向の信頼関係が確立されているすべてのドメインを検索できるようになります。

双方向の信頼関係が確立されたすべてのドメインを検索する代わりに、信頼できるドメインのリストを設定することもできます。信頼できるドメインのリストを設定すると、 ONTAP は双方向の信頼関係が確立された検出ドメインの代わりに、信頼できるドメインのリストを使用してマルチドメインネームマッピングの検索を実行します。

  • マルチドメインネームマッピングの検索は、デフォルトで有効になっています。

  • このオプションは、 advanced 権限レベルで使用できます。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。「 set -privilege advanced 」

  2. 次のいずれかを実行します。

    マルチドメインネームマッピングの検索の設定 入力するコマンド

    有効

    vserver cifs options modify -vserver vserver_name _ is-trusted-domain-enum-search-enabled true です

    無効

    vserver cifs options modify -vserver vserver_name _ is-trusted-domain-enum-search-enabled false

  3. admin 権限レベルに戻ります。「 set -privilege admin 」