日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

フォルダリダイレクトを使用して、 SMB サーバの概要にデータを格納します

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP では、 Microsoft のフォルダリダイレクトをサポートしています。ユーザや管理者は、この機能を使用して、ローカルフォルダのパスを CIFS サーバの場所にリダイレクトできます。リダイレクトされたフォルダは、データが SMB 共有に格納されていても、ローカルの Windows クライアントに格納されたフォルダのように扱うことができます。

フォルダリダイレクトは、主に、ホームディレクトリをすでに導入しており、既存のホームディレクトリ環境との互換性を維持したい組織を対象としています。

  • 「ドキュメント」、「デスクトップ」、「スタートメニュー」は、リダイレクトできるフォルダの例です。

  • ユーザは、各自の Windows クライアントからフォルダをリダイレクトできます。

  • 管理者は、 Active Directory で GPO を設定することで、フォルダリダイレクトを一元的に設定および管理できます。

  • 移動プロファイルを設定している場合は、管理者がユーザデータとプロファイルデータを分けることができます。

  • 管理者は、フォルダリダイレクトとオフラインファイルを使用して、ローカルフォルダのデータストレージを CIFS サーバにリダイレクトし、ユーザはコンテンツをローカルにキャッシュできます。