日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホームディレクトリ共有には、一意なユーザ名が必要です

寄稿者

共有を動的に生成するために '%w ( Windows ユーザ名)変数または %u ( UNIX ユーザ名)変数を使用してホーム・ディレクトリ共有を作成するときは ' 一意なユーザ名を割り当てるように注意してください共有名はユーザ名にマッピングされます。

静的共有の名前とユーザの名前が同じ場合、次の 2 つの問題が発生する可能性があります。

  • ユーザが net view コマンドを使用してクラスタ上の共有の一覧を表示すると、同じユーザ名を持つ 2 つの共有が表示されます。

  • ユーザがその共有名に接続すると、常に静的共有に接続され、同じ名前のホームディレクトリ共有にはアクセスできません。

たとえば、「 administrator 」という名前の共有があり、「 administrator 」という名前の Windows ユーザ名が割り当てられているとします。ホーム・ディレクトリ共有を作成し、その共有に接続すると、「管理者」のホーム・ディレクトリ共有ではなく、「管理者」の静的共有に接続されます。

共有名が重複している問題を解決するには、次のいずれかの手順を実行します。

  • 静的共有の名前を変更し、ユーザのホームディレクトリ共有と競合しないようにします。

  • ユーザに新しいユーザ名を割り当てて、静的共有名と競合しないようにします。

  • %w パラメータを使用する代わりに、「 home 」などの静的な名前を使用して CIFS ホーム・ディレクトリ共有を作成し、共有名との競合を回避します。