日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユーザのホームディレクトリへのアクセスを管理します

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-thomi

デフォルトでは、ユーザのホームディレクトリにはそのユーザしかアクセスできません。動的な共有名の前にチルダ( { チルダ } )が付いている共有の場合、 Windows 管理者や他のユーザ(パブリックアクセス)によるユーザのホームディレクトリへのアクセスを有効または無効にできます。

Storage Virtual Machine ( SVM )のホームディレクトリ共有に、動的な共有名の前にチルダ( { チルダ } )を追加した共有名を設定する必要があります。共有の命名要件は次のとおりです。

ホームディレクトリの共有名 共有に接続するコマンドの例

{ チルダ } %d { チルダ } %w

'net use * { backslash } { backslash } IPaddress { backslash } { チルダ } domain { チルダ } user/u:credentials'

{ チルダ } %w

'net use * { backslash } { backslash } IPaddress { backslash } { チルダ } user/u: credentials'

{ チルダ } abc { チルダ } %w

「 net use * { backslash } { backslash } 」 IPaddress { backslash } abc { tilde } user/u: credentials'

ステップ
  1. 適切な操作を実行します。

    ユーザのホームディレクトリへのアクセスを有効または無効にする対象 入力するコマンド

    Windows 管理者

    「 vserver cifs home-directory modify -vserver vserver_name _ is-home-dirs-access-for-admin-enabled { true { vbar } false } 」デフォルトは「 true 」です。

    任意のユーザ(パブリックアクセス)

    1. 権限レベルを advanced に設定します。 + 「 set -privilege advanced 」

    2. アクセスを有効または無効にします:「 vserver cifs home-directory modify -vserver vserver_name -is-home-dirs-access-for-public-enabled { true

次の例では、ユーザのホームディレクトリへのパブリックアクセスを有効にします。 `set -privilege advanced ``vserver cifs home-directory modify -vserver vs1 -is-home-dirs-access-for-public-enabled true `+``set -privilege admin