日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP で BranchCache ハッシュが無効になる理由

寄稿者

ONTAP でどのような場合にハッシュが無効になるかを理解すると、 BranchCache の設定を計画するときに役立ちます。この情報に基づいて、設定する必要がある動作モードの決定と、 BranchCache を有効にする共有を選択するかどうかの検討の助けになります。

ONTAP は、 BranchCache ハッシュが有効なものであるかを管理しています。ハッシュが無効な場合、 ONTAP は次にコンテンツが要求されたときにハッシュを無効にして新しいハッシュを計算します。これは、 BranchCache が有効なままであることを前提としています。

ONTAP は、以下の場合にハッシュを無効にします。

  • サーバキーが変更された場合。

    サーバキーが変更された場合は、 ONTAP によってハッシュストア内のすべてのハッシュが無効になります。

  • BranchCache のハッシュストアの最大サイズに達したために、ハッシュがキャッシュからフラッシュされた場合。

    このパラメータは調整可能で、ビジネス要件に合わせて変更することができます。

  • SMB または NFS 経由のアクセスでファイルが変更された場合。

  • 計算されたハッシュがあるファイルは 'snap restore コマンドを使用してリストアされます

  • BranchCache 対応の SMB 共有を含むボリュームは、「 snap restore 」コマンドを使用してリストアされます。