日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ODX の使用に関するガイドライン

寄稿者

コピーオフロードに ODX を使用する場合は、一定のガイドラインについて理解しておく必要があります。たとえば、 ODX を使用できるボリュームのタイプや、クラスタ内およびクラスタ間の ODX に関する考慮事項を把握しておく必要があります。

ボリュームガイドライン

  • 次のようなボリューム設定では、コピーオフロードに ODX を使用できません。

    • ソースボリュームサイズが 1.25GB 未満である必要があります

      ODX を使用するには、ボリュームサイズが 1.25GB 以上である必要があります。

    • 読み取り専用ボリューム

      負荷共有ミラー、 SnapMirror デスティネーションボリューム、または SnapVault デスティネーションボリュームに存在するファイルやフォルダには ODX を使用できません。

    • ソースボリュームが重複排除されていない場合

  • ODX コピーはクラスタ内のコピーにのみ対応しています。

    ODX を使用して、ファイルまたはフォルダを別のクラスタ内のボリュームにコピーすることはできません。

その他のガイドライン

  • SMB 環境では、コピーオフロードに ODX を使用するには、 256KB 以上のファイルである必要があります。

    サイズの小さいファイルは、従来のコピー処理を使用して転送されます。

  • ODX コピーオフロードでは、コピープロセスの一環として重複排除が実行されます。

    データのコピーまたは移動時に SVM のボリュームで重複排除が発生しないようにする場合は、その SVM で ODX コピーオフロードを無効にする必要があります。

  • データ転送を実行するアプリケーションは、 ODX をサポートするように記述する必要があります。

    ODX がサポートされるアプリケーション処理は次のとおりです。

    • Virtual Hard Disk ( VHD ;仮想ハードディスク)の作成および変換、 Snapshot コピーの管理、仮想マシン間でのファイルのコピーなど、 Hyper-V の管理処理

    • エクスプローラでの操作

    • Windows PowerShell の copy コマンド

    • Windows コマンドプロンプトの copy コマンド

      Windows コマンドプロンプトの Robocopy は ODX をサポートしています。

    注記

    ODX をサポートする Windows サーバまたはクライアント上でアプリケーションを実行する必要があります。

    + Windows サーバおよびクライアントでサポートされる ODX アプリケーションの詳細については、 Microsoft TechNet ライブラリを参照してください。