日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

共有内で NTFS ファイル権限を設定する

寄稿者

共有にアクセスできるユーザまたはグループにファイルアクセスを許可するには、 Windows クライアントで、その共有内のファイルおよびディレクトリに対して NTFS ファイルアクセス権を設定する必要があります。

このタスクを実行する管理者は、選択したオブジェクトに対する権限を変更するための十分な NTFS 権限を持っている必要があります。

"SMB の管理" また、標準および詳細な NTFS アクセス権の設定方法については、 Windows のマニュアルを参照してください。

手順
  1. Windows クライアントに管理者としてログインします。

  2. Windows Explorer の * ツール * メニューから、 * ネットワークドライブのマップ * を選択します。

  3. [ ネットワークドライブの割り当て * ] ボックスに入力します。

    1. ドライブ文字を選択します。

    2. [ * フォルダ * ] ボックスに、権限を適用するデータと共有名を含む共有を含む SMB サーバー名を入力します。

      SMB サーバ名が SMB_SERVER01 で、共有の名前が「 `S HARE1' 」である場合は、「 \\SMB_SERVER01\Share1 」と入力します。

      注記

      SMB サーバ名の代わりに、 SMB サーバのデータインターフェイスの IP アドレスを指定することもできます。

    3. [ 完了 ] をクリックします。

    選択したドライブがマウントされて使用可能な状態になり、共有内に格納されているファイルやフォルダが Windows エクスプローラウィンドウに表示されます。

  4. NTFS ファイル権限を設定するファイルまたはディレクトリを選択します。

  5. ファイルまたはディレクトリを右クリックし、 * プロパティ * を選択します。

  6. [ * セキュリティ * ] タブを選択します。

    Security タブには、 NTFS 権限が設定されているユーザとグループのリストが表示されます。[< オブジェクト > のアクセス許可 ] ボックスには、選択したユーザーまたはグループの有効なアクセス許可と拒否のアクセス許可のリストが表示されます。

  7. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

    [< オブジェクト > のアクセス許可 ] ボックスが開きます。

  8. 次のうち必要な操作を実行します。

    状況 実行する処理

    新しいユーザまたはグループに対する標準の NTFS 権限を設定します

    1. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

      [ ユーザー、コンピュータ、サービスアカウント、またはグループの選択 ] ウィンドウが開きます。

    2. [ 選択するオブジェクト名を入力してください * ] ボックスに、 NTFS アクセス権を追加するユーザまたはグループの名前を入力します。

    3. [OK] をクリックします。

    ユーザまたはグループに対する標準の NTFS 権限を変更または削除する

    [ * グループ名またはユーザー名 * ] ボックスで、変更または削除するユーザーまたはグループを選択します。

  9. 次のうち必要な操作を実行します。

    状況 実行する処理

    新規または既存のユーザまたはグループに対する標準の NTFS 権限を設定する

    [* パーミッション for < オブジェクト >*] ボックスで、選択したユーザーまたはグループに対して許可または許可しないアクセスのタイプの [ 許可 *] または [ 拒否 *] ボックスを選択します。

    ユーザまたはグループを削除します

    [ 削除( Remove ) ] をクリックします。

    注記

    標準の権限ボックスの一部またはすべてを選択できない場合、権限は親オブジェクトから継承されます。[ * 特別な権限 * ] ボックスは選択できません。選択されている場合は、選択したユーザまたはグループに対して詳細な権限が 1 つ以上設定されていることを意味します。

  10. そのオブジェクトの NTFS アクセス権の追加、削除、または編集が完了したら、 OK をクリックします。