日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

基本的な監視

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

いくつかの SM-BC コンポーネントと操作を監視できます。

ONTAP メディエータ

通常運用時はメディエーターの状態が接続されている必要があります。それ以外の状態の場合は、エラー状態を示している可能性があります。イベント管理システム( EMS )メッセージを確認して、エラーと適切な対処方法を特定できます。

EMS 名 説明

SM.mediator.Added

メディエーターが追加されました

SM.mediator.removed

メディエーターが削除されました

sm.mediator.usable です

メディエーターサーバが破損しているため、メディエーターを使用できません

SM.mediator.Misconfigured ( SM 。メディエーター。設定不良

メディエーターが転用されたか、メディエーターパッケージがメディエーターサーバにインストールされなくなりました

SM.mediator.unreachable

メディエーターに到達できません

sm.mediator.removed. force

「 force 」オプションを使用すると、クラスタからメディエーターが削除されます

sm.mediator.cacert.expiring

メディエーター認証局( CA )証明書は、 30 日以内に期限切れになる可能性があります

sm.mediator.serverc.expiring

メディエーターサーバ証明書は、 30 日以内に期限切れになる予定です

sm.mediator.clientc.expiring になります

メディエータークライアント証明書は、 30 日以内に期限切れになる予定です

sm.mediator.cacert.expired

メディエーターの認証局( CA )証明書の有効期限が切れています

sm.mediator.serverc.expired

メディエーターサーバの証明書の期限が切れています

sm.mediator.clientc.expired

メディエーターのクライアント証明書の期限が切れています

sm.mediator.in.quorum

すべての SM-BC レコードがメディエーターと再同期されます

計画的フェイルオーバー処理

計画的なフェイルオーバー・オペレーションのステータスと進行状況は 'snapmirror failover show コマンドを使用して監視できます例:

ClusterB::> snapmirror failover start -destination-path vs1:/cg/dcg1

フェイルオーバー処理が完了したら、新しいデスティネーションクラスタから同期 SnapMirror 保護のステータスを監視できます。例:

ClusterA::> snapmirror show

次のメッセージを確認して、エラーがないかどうかを確認し、適切な対処方法を実行することもできます。

EMS 名 説明

SMBC .PFO エラー

SMBC 計画フェイルオーバー処理に失敗しました。デスティネーションパス:

SMBC 、 PFO 開始デスティネーションパス:

SMBC 計画フェイルオーバー処理開始

自動計画外フェイルオーバー処理

計画外の自動フェイルオーバーの実行中は、「 snapmirror failover show 」コマンドを使用して処理のステータスを監視できます。例:

ClusterB::> snapmirror failover show -instance
Start Time: 9/23/2020 22:03:29
         Source Path: vs1:/cg/scg3
    Destination Path: vs3:/cg/dcg3
     Failover Status: completed
        Error Reason:
            End Time: 9/23/2020 22:03:30
Primary Data Cluster: cluster-2
Last Progress Update: -
       Failover Type: unplanned
  Error Reason codes: -

次のメッセージを確認して、エラーがないかどうかを確認し、適切な対処方法を実行することもできます。

EMS 名 説明

smbc.aufo.failed

SnapMirror の自動計画的フェイルオーバー処理に失敗しました。デスティネーションパス:

smbc.aufo.startデスティネーションパス:

SMBC 計画フェイルオーバー処理開始

smbc.aufo.completed:

SnapMirror の自動計画的フェイルオーバー処理が完了しました。デスティネーションパス:

smbc.aufo.failover.incapable

block.giveback.during.aufo

SM-BC の可用性

SM-BC 関係の可用性は、プライマリクラスタまたはセカンダリクラスタ、あるいはその両方で一連のコマンドを使用して確認できます。

使用するコマンドには ' プライマリ・クラスタとセカンダリ・クラスタの両方で 'napmirror mediatorshow コマンドを使用して ' 接続とクォーラムのステータス 'napmirror show コマンド 'volume show コマンドを確認します例:

SMBC_A::*> snapmirror mediator show
Mediator Address Peer Cluster     Connection Status Quorum Status
---------------- ---------------- ----------------- -------------
10.236.172.86    SMBC_B           connected         true

SMBC_B::*> snapmirror mediator show
Mediator Address Peer Cluster     Connection Status Quorum Status
---------------- ---------------- ----------------- -------------
10.236.172.86    SMBC_A           connected         true

SMBC_B::*> snapmirror show -expand
                                                                       Progress
Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
vs0:/cg/cg1 XDP  vs1:/cg/cg1_dp Snapmirrored InSync  -         true    -
vs0:vol1    XDP  vs1:vol1_dp  Snapmirrored InSync    -         true    -
2 entries were displayed.

SMBC_A::*> volume show -fields is-smbc-master,smbc-consensus,is-smbc-failover-capable -volume vol1
vserver volume is-smbc-master is-smbc-failover-capable smbc-consensus
------- ------ -------------- ------------------------ --------------
vs0     vol1   true           false                    Consensus

SMBC_B::*> volume show -fields is-smbc-master,smbc-consensus,is-smbc-failover-capable -volume vol1_dp
vserver volume  is-smbc-master is-smbc-failover-capable smbc-consensus
------- ------- -------------- ------------------------ --------------
vs1     vol1_dp false          true                     No-consensus