日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

計画的フェイルオーバーを実行する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

計画的フェイルオーバーを実行して、ディザスタリカバリ設定をテストしたり、プライマリクラスタでメンテナンスを実施したりできます。

作業を開始する前に
  • 関係が同期されている必要があります

  • ノンストップオペレーションを実行することはできません

  • ONTAP メディエーターが設定され、接続されている必要があります

計画的フェイルオーバーは、セカンダリクラスタの管理者が開始します。この処理を実行するには、セカンダリクラスタがプライマリからテイクオーバーするように、プライマリとセカンダリのロールを切り替える必要があります。新しいプライマリクラスタは、クライアントの処理を中断することなく、ローカルで入出力要求の処理を開始できます。

手順
  1. フェイルオーバー処理を開始します。

    「デスティネーション」:: > snapmirror failover start-destination-path vs1_dst : /cg/cg_dst

  2. フェイルオーバーの進捗を監視します。

    デスティネーション :>snapmirror failover show`

  3. フェイルオーバー処理が完了したら、デスティネーションから同期 SnapMirror 保護関係のステータスを監視できます。

    「デスティネーション」:: >snapmirror show ’