日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

システムコンソールから SP / BMC にアクセスする

寄稿者

システムコンソール( serial console) から SP にアクセスして、タスクの監視やトラブルシューティングを実行できます。

このタスクでは、 SP と BMC の両方を環境に設定します。

手順
  1. システムコンソールから SP CLI にアクセスするには、プロンプトで Ctrl+G を押します。

  2. プロンプトが表示されたら、 SP CLI にログインします。

    SP プロンプトが表示され、 SP CLI にアクセスしていることが示されます。

  3. SP CLI を終了してシステムコンソールに戻るには、 Ctrl+D を押し、 Enter キーを押します。

次の例に、 Ctrl+G を押してシステムコンソールから SP CLI にアクセスした結果を示します。SP プロンプトに help system power コマンドを入力し、次に Ctrl+D と Enter キーを押してシステムコンソールに戻ります。

cluster1::>

( SP CLI にアクセスするには Ctrl+G を押します。)

Switching console to Service Processor
Service Processor Login:
Password:
SP>
SP> help system power
system power cycle - power the system off, then on
system power off - power the system off
system power on - power the system on
system power status - print system power status
SP>

(システムコンソールに戻るには、 Ctrl+D と Enter キーを押します。)

cluster1::>