日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コアダンプの管理用コマンド

寄稿者 netapp-thomi

「 system node coredump config 」コマンドを使用して、コアダンプの設定、コアダンプファイルを管理する「 system node coredump 」コマンド、アプリケーションコアレポートを管理する「 system node coredump reports 」コマンドを管理します。

状況 使用するコマンド

コアダンプを設定する

'system node coredump config modify'

コアダンプの構成設定を表示する

'system node coredump config show'

コアダンプに関する基本情報を表示する

「 system node coredump show 」を参照してください

ノードをリブートするときに、コアダンプを手動でトリガーします

「 system node reboot 」には、「 -dump 」パラメータと「 -skip-lif-migration 」パラメータの両方が含まれます

ノードをシャットダウンするときに、コアダンプを手動でトリガーします

「 system node halt 」には、「 -dump 」パラメータと「 -skip-lif-migration 」パラメータの両方が含まれています

指定したコアダンプを保存します

「 system node coredump save 」という名前です

指定したノード上で保存されていないすべてのコアダンプを保存します

'system node coredump save-all'

指定したコアダンプファイルを含む AutoSupport メッセージを生成して送信します

「 system node AutoSupport invoke-core-upload 」を参照してください

注記

オプションのパラメータでは、 AutoSupport メッセージの代替の送信先を指定します。

コアダンプに関するステータス情報を表示します

「システムノードコアダンプのステータス」

指定したコアダンプを削除する

「 system node coredump delete 」のように表示されます

ノード上で保存されていないすべてのコアダンプ、または保存されているすべてのコアファイルを削除します

'system node coredump delete-all

アプリケーションコアダンプレポートを表示します

「 system node coredump reports show 」を参照してください

アプリケーションコアダンプレポートを削除する

「システム・ノード・コアダンプ・レポート削除」