日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタと管理ネットワークスイッチの検出を設定します

寄稿者

クラスタスイッチヘルスモニタは、 Cisco Discovery Protocol ( CDP )を使用して、クラスタと管理ネットワークスイッチの検出を自動的に試みます。ヘルスモニタがスイッチを自動的に検出できない場合、または CDP を自動検出に使用することを望まない場合は、ヘルスモニタを設定する必要があります。

「 system cluster-switch show 」コマンドは、ヘルスモニタが検出したスイッチをリスト表示します。想定していたスイッチがこのリストに表示されない場合、ヘルスモニタは自動的にスイッチを検出できません。

手順
  1. CDP を自動検出に使用する場合は以下の操作を行い、それ以外の場合は手順に進みます 2.

    1. スイッチで Cisco Discovery Protocol ( CDP )が有効になっていることを確認します。

      手順については、スイッチのマニュアルを参照してください。

    2. クラスタ内の各ノードで次のコマンドを実行し、 CDP が有効か無効かを確認します。

      * run -node _node_name — コマンドオプション cdpd.enable *

      CDP が有効になっている場合は、手順 d に進みますCDP が無効になっている場合は、手順 c に進みます

    3. 次のコマンドを実行して CDP を有効にします。

      `* run -node _node_name _ - コマンドオプション cdpd.enable on * `

    5 分待ってから次の手順に進みます。

    1. 「 system cluster-switch show 」コマンドを使用し、 ONTAP がスイッチを自動的に検出できるようになったことを確認します。

  2. ヘルスモニタがスイッチを自動的に検出できない場合は、「 system cluster-switch create 」コマンドを使用してスイッチの検出を設定します。

    cluster1::> system cluster-switch create -device switch1 -address 192.0.2.250 -snmp-version SNMPv2c -community cshm1! -model NX5020 -type cluster-network

    5 分待ってから次の手順に進みます。

  3. 「 system cluster-switch show 」コマンドを使用し、情報を追加したスイッチを ONTAP が検出できることを確認します。

ヘルスモニタがスイッチを監視できることを確認します。