日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Web サービスの概要へのアクセスを管理します

寄稿者 netapp-thomi netapp-barbe

Web サービスは、 HTTP または HTTPS を使用してユーザがアクセスできるアプリケーションです。クラスタ管理者は Web プロトコルエンジンをセットアップし、 SSL を設定し、 Web サービスを有効にし、ロールのユーザが Web サービスにアクセスできるようにします。

ONTAP 9.6 以降では、次の Web サービスがサポートされます。

  • サービス・プロセッサ・インフラストラクチャ( 'PI' )

    このサービスによって、ノードのログファイル、コアダンプファイル、および MIB ファイルに、クラスタ管理 LIF またはノード管理 LIF から HTTP または HTTPS でアクセスできるようになります。デフォルト設定は「 enabled 」です。

    ノードのログファイルまたはコアダンプファイルへのアクセス要求を受け取ると、「 spi 」 Web サービスは、あるノードからファイルが存在する別のノードのルートボリュームへのマウントポイントを自動的に作成します。マウントポイントを手動で作成する必要はありません。。

  • ONTAP API (`ontapi-)

    このサービスでは、 ONTAP API を実行し、リモートプログラムで管理機能を実行できます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

    一部の外部管理ツールではこのサービスが必要になる場合があります。たとえば、 System Manager を使用する場合、このサービスを有効にしておく必要があります。

  • Data ONTAP Discovery (「シスコ」)

    このサービスは、外部の管理アプリケーションがネットワーク内のクラスタを検出できるようにします。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • サポート診断 ('updiag')

    このサービスは、問題の分析と解決を支援するために、システム上の権限が設定された環境へのアクセスを制御します。デフォルト設定は「 disabled 」です。このサービスは、テクニカルサポートから指示があった場合にのみ有効にしてください。

  • System Manager ( 'ysmgr' )

    このサービスは、 ONTAP に組み込まれている System Manager の可用性を管理します。デフォルト設定は「 enabled 」です。このサービスはクラスタでのみサポートされます。

  • ファームウェア・ベースボード管理コントローラ( BMC )アップデート(「 FW_BMC 」)

    このサービスを使用すると、 BMC ファームウェアファイルをダウンロードできます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP ドキュメント(「 OCS 」)

    このサービスでは、 ONTAP のドキュメントにアクセスできます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP RESTful API (`d OCS_API')

    このサービスを使用すると、 ONTAP RESTful API のドキュメントにアクセスできます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ファイルのアップロードとダウンロード( FUD )

    このサービスは、ファイルのアップロードとダウンロードを提供します。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP メッセージング(「 ontapmsmsg 」)

    このサービスでは、イベントをサブスクライブできるパブリッシュおよびサブスクライブインターフェイスがサポートされています。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP ポータル(「 portal 」)

    このサービスは、ゲートウェイを仮想サーバに実装します。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP RESTful インターフェイス

    このサービスは、クラスタインフラのすべての要素をリモートで管理するために使用する RESTful インターフェイスをサポートします。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • Security Assertion Markup Language ( SAML )サービスプロバイダサポート( 'AML )

    このサービスは、 SAML サービスプロバイダをサポートするためのリソースを提供します。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • SAML サービスプロバイダ (`AML - SP')

    このサービスは、 SP メタデータやアサーションコンシューマサービスなどのサービスをサービスプロバイダに提供します。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • 構成バックアップ・ファイル(「バックアップ」)

    このサービスでは、構成バックアップファイルをダウンロードできます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP セキュリティ(セキュリティ)

    このサービスでは、 CSRF トークン管理がサポートされます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

ONTAP 9.7 以降では、次の追加サービスがサポートされます。

  • 構成バックアップ・ファイル(「バックアップ」)

    このサービスでは、構成バックアップファイルをダウンロードできます。デフォルト設定は「 enabled 」です。

  • ONTAP セキュリティ(セキュリティ)

    このサービスでは、 CSRF トークン管理をサポートして認証を強化しています。デフォルト設定は「 enabled 」です。