日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ブートメニューを使用してノードを管理します

寄稿者 netapp-aherbin netapp-barbe

ブートメニューを使用して、ノードの構成エラーの修正、管理パスワードのリセット、ディスクの初期化、ノード構成のリセット、ブートデバイスへのノード構成情報のリストアを実行できます。

手順
  1. システムプロンプトで「 system node reboot 」コマンドを使用してノードをリブートし、ブートメニューにアクセスします。

    ノードのリブートプロセスが開始されます。

  2. リブートプロセス時にブートメニューを表示するよう求められたら、 Ctrl+C キーを押してブートメニューを表示します。

    ノードに次のブートメニューオプションが表示されます。

    (1) Normal Boot.
    (2) Boot without /etc/rc.
    (3) Change password.
    (4) Clean configuration and initialize all disks.
    (5) Maintenance mode boot.
    (6) Update flash from backup config.
    (7) Install new software first.
    (8) Reboot node.
    (9) Configure Advanced Drive Partitioning
    Selection (1-9)?
    注記

    Boot Menu Option ( 2 ) Boot without /etc/rc は廃止され、システムには影響しません。

  3. 対応する番号を入力して、次のいずれかのオプションを選択します。

    目的 選択するオプション

    通常モードでノードをブートします

    1) 通常の起動

    ノードのパスワードを変更しますこれは 'admin' アカウント・パスワードでもあります

    3) パスワードを変更します

    ノードのディスクを初期化し、そのノードのルートボリュームを作成する

    4) すべてのディスクを消去して初期化します

    注記

    このメニューオプションを選択すると、ノードのディスク上のすべてのデータが消去され、ノード構成が工場出荷時のデフォルトの設定にリセットされます。

    このメニュー項目は、ノードがクラスタから削除され(参加していない)、別のクラスタに参加していない場合にのみ選択してください。

    内蔵または外付けのディスクシェルフがあるノードの場合は、内蔵ディスク上のルートボリュームが初期化されます。内蔵ディスクシェルフがない場合は、外付けディスク上のルートボリュームが初期化されます。

    内蔵または外付けディスクシェルフを使用して FlexArray 仮想化を実行しているシステムでは、アレイ LUN が初期化されません。内蔵シェルフまたは外付けシェルフのネイティブディスクがすべて初期化されます。

    アレイ LUN のみで内蔵または外付けディスクシェルフもない FlexArray 仮想化を実行するシステムの場合、ストレージアレイ LUN 上のルートボリュームが初期化されます。を参照してください "FlexArray をインストールしています"

    初期化するノードに、ルートデータのパーティショニング用にパーティショニングされたディスクがある場合、ノードを初期化する前にディスクのパーティショニングを停止しておく必要があります。( * 9 )アドバンストドライブパーティショニングの設定 * およびを参照してください "ディスクとアグリゲートの管理"

    アグリゲート処理およびディスクメンテナンス処理を実行し、アグリゲートおよびディスクに関する詳細情報を取得する

    5) メンテナンスモードでブートします

    保守モードを終了するには 'halt コマンドを使用します

    ノードのルートボリュームから PC CompactFlash カードなどのブートデバイスに構成情報をリストアします

    6) バックアップ設定からフラッシュを更新します

    ONTAP は、一部のノード構成情報をブートデバイスに格納します。ノードがリブートすると、ブートデバイス上の情報がノードのルートボリュームに自動的にバックアップされます。ブートデバイスが壊れたり、交換が必要になった場合は、このメニューオプションを使用して構成情報をノードのルートボリュームからブートデバイスにリストアする必要があります。

    ノードに新しいソフトウェアをインストールします

    7) 最初に新しいソフトウェアをインストールします

    ブートデバイス上の ONTAP ソフトウェアにルートボリュームに使用するストレージアレイのサポートが含まれない場合は、このメニューオプションを使用して、ストレージアレイをサポートするソフトウェアのバージョンを取得してノードにインストールします。

    このメニューオプションは、 ONTAP ソフトウェアの新しいバージョンを、ルートボリュームがインストールされていないノードにインストールするときにのみ使用します。DO_not_ ONTAP をアップグレードするには ' このメニュー・オプションを使用します

    ノードをリブートします。

    8 )ノードをリブートします

    すべてのディスクのパーティショニングを解除してディスクの所有権情報を削除するか、設定を消去して、ディスク全体またはパーティショニングされたディスクでシステムを初期化します

    9) アドバンストドライブパーティショニングを設定します

    ONTAP 9.2 以降では、ルート / データパーティショニングまたはルート / データ / データパーティショニング用に設定されたディスク向けの追加の管理機能として、アドバンストドライブパーティショニングオプションを使用できます。ブートオプション 9 では、次のオプションを使用できます。

    (9a) Unpartition all disks and remove their ownership information.
    (9b) Clean configuration and initialize system with partitioned disks.
    (9c) Clean configuration and initialize system with whole disks.
    (9d) Reboot the node.
    (9e) Return to main boot menu.