日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Manage Web Services の概要

寄稿者 netapp-barbe

クラスタまたは Storage Virtual Machine ( SVM )の Web サービスを有効または無効にしたり、 Web サービスの設定を表示したり、ロールのユーザが Web サービスにアクセスできるかどうかを管理したりできます。

クラスタまたは SVM の Web サービスは次の方法で管理できます。

  • 特定の Web サービスを有効または無効にします

  • Web サービスへのアクセスを暗号化された HTTP ( SSL )のみに制限するかどうかを指定する

  • Web サービスの可用性を表示します

  • あるロールのユーザに Web サービスへのアクセスを許可するかどうか

  • Web サービスへのアクセスが許可されているロールを表示する

ユーザが Web サービスにアクセスするには、次の条件をすべて満たしている必要があります。

  • ユーザが認証されている必要があります。

    たとえば、 Web サービスからユーザ名とパスワードの入力を求められる場合があります。ユーザの応答は有効なアカウントと一致する必要があります。

  • ユーザに正しいアクセス方法が設定されていること。

    指定された Web サービスの正しいアクセス方法が設定されたユーザのみが正常に認証されます。ONTAP API Web サービス (`ontapi-') の場合 ' ユーザは 'ontapi-access メソッドを持っている必要がありますその他のすべての Web サービスについては 'http' アクセス方法が必要です

    注記

    ユーザのアクセス方法および認証方法を管理するには 'securitylogin コマンドを使用します

  • Web サービスがユーザのアクセス制御ロールを許可するように設定されている必要があります。

    注記

    ロールの Web サービスへのアクセスを制御するには 'vserver services web access コマンドを使用します

ファイアウォールが有効になっている場合は、 Web サービスに使用する LIF のファイアウォールポリシーを設定して、 HTTP または HTTPS を許可する必要があります。

Web サービスアクセスに HTTPS を使用する場合は、 Web サービスを提供するクラスタまたは SVM の SSL を有効にし、そのクラスタまたは SVM のデジタル証明書を提供する必要もあります。