日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

拡張クエリの使用方法

寄稿者

拡張クエリを使用して、指定した値を持つオブジェクトに対して操作を照合し、実行することができます。

拡張クエリは、中括弧( {} )で囲んで指定します。拡張クエリは、コマンド名のあとで、他のパラメータの前の最初の引数として指定する必要があります。たとえば ' 名前に文字列 tmp が含まれるすべてのボリュームをオフラインに設定するには ' 次の例のコマンドを実行します

cluster1::> volume modify {-volume *tmp*} -state offline

一般的に、拡張クエリは「 modify 」コマンドと「 edete 」コマンドを使用した場合にのみ有効です。これらのコマンドは 'create' コマンドや '`how コマンドでは意味がありません

クエリと変更操作の組み合わせは便利なツールです。ただし、原因を正しく実装しないと、混乱したり、エラーが発生する可能性があります。たとえば、( advanced 権限)の「 system node image modify 」コマンドを使用してノードのデフォルトソフトウェアイメージを自動的に設定すると、他のソフトウェアイメージがデフォルトにならないように設定されます。次の例のコマンドは、実質的には NULL 操作です。

cluster1::*> system node image modify {-isdefault true} -isdefault false

このコマンドは、現在のデフォルトイメージをデフォルト以外のイメージとして設定してから、新しいデフォルトイメージ(以前のデフォルト以外のイメージ)をデフォルト以外のイメージに設定します。その結果、元のデフォルト設定が保持されます。正しく操作を実行するには、次の例のようにコマンドを使用します。

cluster1::*> system node image modify {-iscurrent false} -isdefault true