日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SP / BMC ファームウェアの更新の管理方法

寄稿者 netapp-thomi netapp-barbe

ONTAP には、 _baseline image_という SP ファームウェアイメージが含まれています。新しいバージョンの SP ファームウェアがリリースされたときは、そのファームウェアをダウンロードして SP ファームウェアを更新できます。 ONTAP のバージョンをアップグレードする必要はありません。

注記

このトピック環境では、 SP と BMC の両方について説明します。

ONTAP では、次の方法で SP ファームウェアの更新を管理できます。

  • SP 自動更新機能がデフォルトで有効になっており、次のシナリオで SP ファームウェアを自動的に更新できます。

    • 新しいバージョンの ONTAP にアップグレードする場合

      ONTAP にバンドルされている SP ファームウェアのバージョンがノードで実行されている SP ファームウェアのバージョンよりも新しい場合、 ONTAP のアップグレードプロセスには、 SP ファームウェアの更新が自動的に含まれます。

      注記

      ONTAP は、失敗した SP 自動更新を検出し、修正アクションをトリガーして、 SP 自動更新を最大 3 回試行します。3 回の試行がすべて失敗した場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

    • ネットアップサポートサイトからダウンロードした SP ファームウェアのバージョンが、現在実行している SP ファームウェアのバージョンよりも新しい場合

    • ONTAP を以前のバージョンにダウングレードまたはリバートする場合

      SP ファームウェアは、リバートまたはダウングレード後の ONTAP のバージョンでサポートされている最新の互換バージョンに自動的に更新されます。SP ファームウェアを手動で更新する必要はありません。

    「 system service-processor image modify 」コマンドを使用して、 SP 自動更新機能を無効にできます。ただし、この機能は有効にしておくことを推奨します。この機能を無効にすると、 ONTAP イメージと SP ファームウェアイメージが、未認定の最適ではない組み合わせとなります。

  • ONTAP では、 SP 更新を手動でトリガーできます。「 system service-processor image update 」コマンドを使用して、 SP 更新の実行方法を指定できます。

    次のオプションを指定できます。

    • 使用する SP ファームウェア・パッケージ( -pACKP

      パッケージファイル名を指定することで、ダウンロードする SP ファームウェアを更新できます。advance 'system image package show コマンドは ' ノード上で使用可能なすべてのパッケージ・ファイル( SP ファームウェア・パッケージのファイルを含む)を表示します

    • SP 更新用のベースライン SP ファームウェア・パッケージを使用するかどうか(「 -baseline 」)

      SP ファームウェアを、現在実行しているバージョンの ONTAP に付属しているベースラインのバージョンに更新できます。

    注記

    より高度な更新オプションやパラメータを使用すると、 BMC の構成設定が一時的にクリアされる場合があります。リブート後、 ONTAP で BMC の設定がリストアされるまでに最大 10 分かかることがあります。

  • ONTAP では、「 system service-processor image update-progress show 」コマンドを使用して、 ONTAP からトリガーされた最新の SP ファームウェア更新のステータスを表示できます。

SP への既存の接続は、 SP ファームウェアを更新するときに切断されます。これは、 SP ファームウェア更新が自動的にまたは手動で開始される場合に該当します。