日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クエリ演算子の使用方法

寄稿者 netapp-barbe

管理インターフェイスでは、クエリと UNIX 形式のパターンおよびワイルドカードがサポートされており、コマンドパラメータ引数の複数の値を照合できます。

次の表に、サポートされるクエリ演算子を示します。

演算子 説明

*

すべてのエントリに一致するワイルドカード。

たとえば 'volume show -volume \ * tmp * というコマンドを実行すると ' 名前に文字列 tmp が含まれるすべてのボリュームのリストが表示されます

NOT 演算子。

一致させない値を示しますたとえば '*!vs0 *' は値 vs0 と一致しないことを示します

OR 演算子。

比較する 2 つの値を区切ります。たとえば、「 * vs0

vs2 * 」は vs0 または vs2 のいずれかに一致します。複数の OR 文を指定できますたとえば 'a

b*

*c*' は ' エントリ 'a' から始まるエントリ 'b' から始まるエントリ ' および 'c' を含むエントリと一致します

範囲演算子。

たとえば '5..10' は '5' から 10` までの値に一致します

<

less-than 演算子。

たとえば '<20' は '20` 未満の値に一致します

>

greater-than 演算子。

たとえば '>5' は '5' より大きい値に一致します

>=

less-than-or-equal-to 演算子。

たとえば '⇐5' は '5` 以下の値に一致します

>=

greater-than-or-equal-to 演算子。

たとえば '>=5' は '5` 以上の値と一致します

{query}

拡張クエリ。

拡張クエリは、コマンド名のあとで、他のパラメータの前の最初の引数として指定する必要があります。

たとえば 'volume modify { -volume \ * tmp * } -state offline というコマンドを実行すると ' 名前に文字列 tmp が含まれるすべてのボリュームがオフラインに設定されます

クエリ文字をリテラルとして解析する場合は、正しい結果が返されるように、二重引用符で文字列を囲む必要があります(例: "{care}`",“","`*”,“$”) 。

1 つのコマンドラインで複数のクエリ演算子を使用できます。たとえば、「 volume show -size >1GB -percent-used <50 -vserver ! vs1 」というコマンドを実行すると、サイズが 1GB を超え、使用率が 50% 未満で、「 vs1 」という名前の Storage Virtual Machine ( SVM )にはないすべてのボリュームが表示されます。