日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コマンド履歴の表示方法とコマンドの再発行方法

寄稿者

各 CLI セッションには、そのセッションで実行されたすべてのコマンドの履歴が保持されます。現在のセッションのコマンド履歴を表示できます。また、コマンドの再発行も可能です。

コマンド履歴を表示するには、「 history 」コマンドを使用します。

コマンドを再発行するには、次の引数のいずれかを使用して「 re do 」コマンドを使用します。

  • 前のコマンドの一部と一致する文字列

    たとえば ' 実行した唯一の volume コマンドが volume show の場合 ' コマンドを再実行するには 'redo volume コマンドを使用します

  • 「 history 」コマンドによって一覧表示された、前のコマンドの数値 ID

    たとえば、履歴リストの 4 番目のコマンドを再発行するには、 re do 4 コマンドを使用します。

  • 履歴リストの末尾からの負のオフセット

    たとえば、 2 つ前に実行したコマンドを再発行するには、 re do -2 コマンドを使用します。

たとえば、コマンド履歴の末尾から 3 番目のコマンドを再実行するには、次のコマンドを入力します。

cluster1::> redo -3