日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

システムヘルスアラートへの対応方法

寄稿者

システムヘルスアラートが発生した場合は、確認して詳細を確認し、原因となった状態を修復して、再発を防止できます。

ヘルスモニタからアラートが発せられた場合、次のいずれかの方法で対応できます。

  • 影響を受けるリソース、アラートの重大度、原因の可能性、考えられる影響、対処方法など、アラートに関する情報を入手する

  • アラートが発せられた時間、すでに誰かが承認しているかどうかなど、アラートに関する詳細情報を入手する

  • 特定のシェルフやディスクなど、影響を受けるリソースまたはサブシステムの状態に関するヘルス関連の情報を取得する

  • アラートを承認して、問題に対応中のユーザがいることを示し、自分自身を「承認者」と指定します。

  • ケーブル接続を修正して接続の問題を解決するなど、アラートで指定された対処方法を実施することで、問題を解決する

  • アラートが自動的に解除されない場合は、そのアラートを削除します。

  • サブシステムのヘルスの状態に影響しないようにアラートを抑制する

    問題を把握した場合は、抑制が役に立ちます。アラートを抑制すると、そのアラートは引き続き発生する可能性がありますが、抑制されたアラートが発生すると、サブシステムのヘルスは「 ok-with-suppressed 」と表示されます。