日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI で値を指定する際のルール

寄稿者

ほとんどのコマンドには、 1 つ以上の必須またはオプションのパラメータが含まれています。多くのパラメータでは、値を指定する必要があります。CLI で値を指定するには、いくつかのルールがあります。

  • 値には、数値、ブール指定子、事前に定義された値の列挙リストからの選択、またはテキスト文字列を指定できます。

    一部のパラメータでは、 2 つ以上の値をカンマで区切って指定できます。値をカンマで区切って指定したリストは、引用符( "" )で囲む必要はありません。テキスト、スペース、またはクエリ文字(クエリを意図していない場合、または小なり記号または大なり記号で始まるテキスト)を指定する場合は、必ずエンティティを引用符で囲む必要があります。

  • CLI は疑問符( "" ? "" )を解釈します。 をコマンドとして使用し、特定のコマンドのヘルプ情報を表示します。

  • コマンド名、パラメータ、特定の値などの CLI に入力するテキストの一部では、大文字と小文字が区別されません。

    たとえば、「 vserver cifs 」コマンドのパラメータ値を入力した場合、大文字と小文字の使い分けは無視されます。ただし、ノード、 Storage Virtual Machine ( SVM )、アグリゲート、ボリューム、論理インターフェイスの名前などのほとんどのパラメータ値は大文字と小文字が区別されます。

  • 文字列またはリストをとるパラメータの値をクリアする場合は、空の一連の引用符( "" )またはダッシュ( "-" )を指定します。

  • ハッシュ記号 ("`#") は、シャープ記号とも呼ばれ、コマンドライン入力のコメントを示します。使用する場合は、コマンドラインの最後のパラメータの後に表示されます。

    CLI は行の末尾と "#" の間のテキストを無視します。

次の例では、テキストコメント付きで SVM が作成されます。次に、 SVM が変更されてコメントが削除されます。

cluster1::> vserver create -vserver vs0 -subtype default -rootvolume root_vs0
-aggregate aggr1 -rootvolume-security-style unix -language C.UTF-8 -is-repository false -ipspace ipspaceA -comment "My SVM"
cluster1::> vserver modify -vserver vs0 -comment ""

次の例では、 "#" 記号を使用したコマンドラインコメントは、コマンドの動作を示しています。

cluster1::> security login create -vserver vs0 -user-or-group-name new-admin
-application ssh -authmethod password #This command creates a new user account