日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テープドライブ、メディアチェンジャ、およびテープドライブの処理を管理するコマンドです

寄稿者

クラスタ内のテープドライブとメディアチェンジャに関する情報を表示するコマンド、テープドライブをオンラインまたはオフラインにするコマンド、テープドライブのカートリッジ位置を変更するコマンド、テープドライブのエイリアス名を設定およびクリアするコマンド、およびテープドライブをリセットするコマンドが用意されています。また、テープドライブの統計を表示およびリセットすることもできます。

状況 使用するコマンド

テープドライブをオンラインにします

「オンラインでのテープストレージ」

テープドライブまたはメディアチェンジャのエイリアス名を消去します

「 storage tape alias clear 」

テープドライブのテープのトレース処理を有効または無効にします

「 storage tape trace 」

テープドライブのカートリッジ位置を変更します

「 storage tape position 」をクリックします

テープドライブをリセットします

「 storage tape reset 」をクリックします

注記

このコマンドは、 advanced 権限レベルでのみ使用できます。

テープドライブまたはメディアチェンジャのエイリアス名を設定します

「 storage tape alias set 」という 2 つのオプションがあります

テープドライブをオフラインにします

'storage tape offline'

すべてのテープドライブとメディアチェンジャに関する情報を表示します

「 storage tape show 」をクリックします

クラスタに接続されているテープドライブに関する情報を表示します

  • 「 storage tape show -tape-drive 」のように表示されます

  • 「 system node hardware tape drive show 」というエラーが表示されます

クラスタに接続されているメディアチェンジャに関する情報を表示します

「 storage tape show -media-changer 」です

クラスタに接続されているテープドライブに関するエラー情報を表示します

「 storage tape show -errors 」を参照してください

クラスタ内の各ノードに接続されており、 ONTAP で認定およびサポートされているすべてのテープドライブを表示します

「 storage tape show -supported-status 」のように表示されます

クラスタ内の各ノードに接続されているすべてのテープドライブとメディアチェンジャのエイリアスを表示します

「 storage tape alias show 」という 2 つのコマンドがあります

テープドライブの統計値をゼロにリセットします

'storage stats tape zero `tape_name'

このコマンドはノードシェルで使用する必要があります。

ONTAP でサポートされているテープドライブを表示します

「 storage show tape supported [-v] 」

このコマンドはノードシェルで使用する必要があります。v オプションを使用すると ' 各テープ・ドライブの詳細を表示できます

テープのパフォーマンスを把握し、使用パターンを確認するには、テープデバイスの統計を表示します

'storage stats tape `tape_name'

このコマンドはノードシェルで使用する必要があります。

これらのコマンドの詳細については、マニュアルページを参照してください。