日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

一般的な NDMP テープバックアップトポロジ

寄稿者

NDMP は、バックアップアプリケーションと、データ(ファイルシステム)サービスおよびテープサービスを提供するストレージシステムまたはその他の NDMP サーバとの間で、複数のトポロジおよび構成をサポートします。

ストレージシステムからローカルテープへの移動

最も単純な構成では、バックアップアプリケーションが、ストレージシステムのデータをストレージシステムに接続されたテープサブシステムにバックアップします。NDMP 制御接続はネットワーク境界を越えて機能します。ストレージシステム内で使用される、データサービスとテープサービス間の NDMP データ接続は、 NDMP ローカル構成と呼ばれます。

ストレージシステムから別のストレージシステムのテープ

バックアップアプリケーションは、あるストレージシステムのデータを、別のストレージシステムに接続されたテープライブラリ( 1 つ以上のテープドライブを備えたメディアチェンジャ)にもバックアップできます。この場合、データサービスとテープサービス間の NDMP データ接続は、 TCP または TCP / IPv6 ネットワーク接続によって提供されます。これを、 NDMP 3 ウェイストレージシステム間構成と呼びます。

ストレージシステムからネットワーク接続テープライブラリ

NDMP 対応のテープライブラリでは、別の種類の 3 ウェイ構成も使用できます。この場合は、テープライブラリが TCP / IP ネットワークに直接接続され、内部の NDMP サーバを通じてバックアップアプリケーションおよびストレージシステムと通信します。

ストレージシステムからデータサーバさらにテープへ、またはデータサーバからストレージシステムさらにテープへ

NDMP ではストレージシステムからデータサーバ、およびデータサーバからストレージシステムへの 3 ウェイ構成もサポートされていますが、これらの構成はあまり幅広く導入されていません。ストレージシステムからサーバへの構成では、ストレージシステムのデータを、バックアップアプリケーションホストまたは別のデータサーバシステムに接続されたテープライブラリにバックアップできます。サーバからストレージシステムへの構成では、サーバのデータをストレージシステムに接続されたテープライブラリにバックアップできます。