日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ダンプとストレージフェイルオーバーおよび ARL 処理との連携

寄稿者 netapp-thomi

ダンプバックアップまたはリストア処理を実行するには、これらの処理とストレージフェイルオーバー(テイクオーバーとギブバック)または Aggregate Relocation ( ARL ;アグリゲートの再配置)処理との連携について理解しておく必要があります。ストレージ・フェイルオーバーまたは ARL 処理中のダンプ・エンジンの動作は '-override-vetoes オプションで決定されます

ダンプ・バックアップまたはリストア操作が実行中で '-override-vetoes オプションが false に設定されている場合は ' ユーザーが開始したストレージ・フェイルオーバーまたは ARL 操作が停止されますただし '– override-vetoes オプションが true に設定されている場合は ' ストレージ・フェイルオーバーまたは ARL 処理が続行され ' ダンプ・バックアップまたはリストア処理が中止されますストレージフェイルオーバーまたは ARL 処理がストレージシステムによって自動的に開始されると、アクティブなダンプバックアップまたはリストア処理が常に中止されます。ストレージフェイルオーバーまたは ARL 処理が完了しても、ダンプバックアップおよびリストア処理を再開することはできません。

CAB 拡張がサポートされている場合のダンプ処理

バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされている場合は、ストレージフェイルオーバーまたは ARL 処理のあとにバックアップポリシーを再設定しなくても、増分ダンプバックアップおよびリストア処理を引き続き実行できます。

CAB 拡張がサポートされていない場合のダンプ処理

バックアップアプリケーションで CAB 拡張がサポートされていない場合は、バックアップポリシーで設定された LIF を、デスティネーションアグリゲートをホストするノードに移行すれば、増分ダンプバックアップおよびリストア処理を引き続き実行できます。それ以外の場合は、ストレージフェイルオーバーおよび ARL 処理のあとにベースラインバックアップを実行してから増分バックアップ処理を実行する必要があります。

注記

ストレージフェイルオーバー処理の場合は、バックアップポリシーで設定された LIF をパートナーノードに移行する必要があります。