日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テープ予約機能の有効化または無効化

寄稿者 netapp-thomi

「 tape.reservations 」オプションを使用して、 ONTAP によるテープ・デバイスの予約の管理方法を制御できます。デフォルトでは、テープ予約機能は無効になっています。

テープ予約オプションを有効にすると、テープドライブ、メディアチェンジャ、ブリッジ、またはライブラリが適切に機能しない場合に原因の問題が発生する可能性があります。テープコマンドを実行した際に、他のストレージシステムがデバイスを使用していないにもかかわらず、デバイスが予約されているというメッセージが表示される場合には、このオプションを無効にしてください

手順
  1. SCSI 予約 / リリースメカニズムまたは SCSI 永続的予約機能を使用してテープ予約を無効にするには、クラスタシェルで次のコマンドを入力します。

    `* options -option-name tape.reservations -option-value { scsi | persistent | off } *

    「 SCSI 予約 / リリース」メカニズムが選択されます。

    「 persistent 」は、 SCSI 永続的予約を指定します。

    「 off 」は、テープ予約を無効にします。