日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

環境変数の概要

寄稿者

環境変数は、 NDMP 対応のバックアップアプリケーションとストレージシステムの間でバックアップまたはリストア処理に関する情報をやり取りするために使用されます。

たとえば ' ユーザーがバックアップ・アプリケーションで '/vserver1/vol1/dir1' をバックアップするように指定した場合 ' バックアップ・アプリケーションはファイル・システム環境変数を //vserver1/vol1/dir1' に設定します同様に、レベル 1 バックアップを実行するよう指定した場合、バックアップアプリケーションによって LEVEL 環境変数が 1 に設定されます。

注記

通常、環境変数の設定と確認についてバックアップ管理者の対応は不要で、バックアップアプリケーションによって自動的に設定されます。

バックアップ管理者が環境変数を指定することはまれですが、機能またはパフォーマンスの問題を特定または回避するために、バックアップアプリケーションによって設定された環境変数の値を変更したい場合があります。たとえば、パフォーマンスや機能の問題が、バックアップアプリケーションによるファイル履歴情報の処理に起因しているかどうかを調べる場合、管理者はファイル履歴の生成を一時的に無効にすることがあります。

多くのバックアップアプリケーションでは、環境変数を上書きまたは変更したり、追加の環境変数を指定したりできます。詳細については、バックアップアプリケーションのマニュアルを参照してください。