日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NDMP 使用時の考慮事項

寄稿者 netapp-thomi

ストレージシステム上で NDMP サービスを開始する際の考慮事項について説明します。

  • 接続されたテープドライブを使用して各ノードでサポートされるバックアップとリストアの同時実行数は、合計で最大 16 個です。

  • NDMP サービスでは、 NDMP バックアップアプリケーションからの要求に応じてファイル履歴データを生成できます。

    バックアップアプリケーションは、ファイル履歴を使用して、選択したデータのサブセットだけをバックアップイメージから最適にリカバリします。ファイル履歴の生成と処理は、ストレージシステムとバックアップアプリケーションの両方で時間がかかり、 CPU が占有されることがあります。

    注記

    SMTape では、ファイル履歴はサポートされていません。

    バックアップ・イメージ全体がリカバリされる災害復旧用にデータ保護が設定されている場合は ' ファイル履歴の生成を無効にして ' バックアップ時間を短縮できますNDMP のファイル履歴の生成を無効にできるかどうかについては、バックアップアプリケーションのマニュアルを参照してください。

  • すべての LIF タイプでは、 NDMP のファイアウォールポリシーがデフォルトで有効になっています。

  • ノードを対象とした NDMP モードで FlexVol をバックアップするには、バックアップアプリケーションを使用して、ボリュームを所有するノードでバックアップを開始する必要があります。

    ただし、ノードルートボリュームをバックアップすることはできません。

  • ファイアウォールポリシーで許可されている場合は、任意の LIF から NDMP バックアップを実行できます。

    データ LIF を使用する場合は、フェイルオーバーに設定されていない LIF を選択する必要があります。NDMP 処理中にデータ LIF がフェイルオーバーすると、 NDMP 処理は失敗するため、再実行する必要があります。

  • ノードを対象とした NDMP モードおよび Storage Virtual Machine ( SVM )を対象とした NDMP モードで CAB 拡張がサポートされていない場合、 NDMP データ接続では、 NDMP 制御接続と同じ LIF を使用します。

  • LIF の移行中は、進行中のバックアップおよびリストア処理が中断されます。

    LIF の移行が完了したら、バックアップとリストアの処理を開始する必要があります。

  • NDMP バックアップ・パスの形式は '____vserver_name / volume_name / path_name です

    path_name はオプションで ' ディレクトリ ' ファイル ' または Snapshot コピーのパスを指定します

  • ダンプエンジンを使用して SnapMirror デスティネーションをテープにバックアップする場合は、ボリューム内のデータだけがバックアップされます。

    ただし、 SMTape を使用して SnapMirror デスティネーションをテープにバックアップする場合は、メタデータもバックアップされます。SnapMirror 関係および関連するメタデータはテープにバックアップされません。そのため、リストア時には、そのボリュームのデータだけがリストアされますが、関連する SnapMirror 関係はリストアされません。