日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を対象とした NDMP モードでのユーザ認証

寄稿者 netapp-thomi

Storage Virtual Machine ( SVM )を対象とした NDMP モードでは、 NDMP ユーザ認証がロールベースアクセス制御と統合されます。SVM のコンテキストでは、 NDMP ユーザには「 vsadmin 」または「 vsadmin-backup 」のいずれかのロールが必要です。クラスタのコンテキストでは 'admin' または backup のいずれかのロールが NDMP ユーザーに割り当てられている必要があります

これらの事前定義されたロール以外に ' カスタム・ロールに関連づけられたユーザー・アカウントを NDMP 認証に使用することもできますただし ' カスタム・ロールのコマンド・ディレクトリには vserver services ndmp フォルダがあり ' フォルダのアクセス・レベルが none でない場合に限られますこのモードでは、指定されたユーザアカウント用の NDMP パスワードを生成する必要があります。このパスワードは、ロールベースアクセス制御を使用して作成されます。admin ロールまたは backup ロールのクラスタユーザは、ノード管理 LIF 、クラスタ管理 LIF 、またはインタークラスタ LIF にアクセスできます。vsadmin-backup ロールまたは vsadmin ロールのユーザは、対象の SVM のデータ LIF にのみアクセスできます。そのため、ユーザのロールによって、バックアップおよびリストア処理に使用できるボリュームとテープデバイスが異なります。

このモードでは、 NIS ユーザと LDAP ユーザのユーザ認証もサポートされます。そのため、 NIS ユーザと LDAP ユーザは、共通のユーザ ID とパスワードを使用して複数の SVM にアクセスできます。ただし、 NDMP 認証では Active Directory ユーザがサポートされません。

このモードでは、ユーザ・アカウントは SSH アプリケーションと「ユーザ・パスワード」認証方式に関連付けられている必要があります。