日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データをクラウドに階層化

寄稿者 netapp-lenida netapp-forry netapp-rlithman netapp-aherbin netapp-thomi netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

データを複数の階層に格納すると、ストレージシステムの効率を高めることができます。ストレージ階層の管理では、 FabricPool を使用してデータへのアクセス頻度に基づいてデータを階層に格納します。

この手順は、 FabricPool のクラウド階層としてオブジェクトストアをセットアップします。ローカル階層( aggr )に接続したクラウド階層は接続を解除できないことに注意してください。

2021 年 8 月 21 日より、 Cloud Tiering サービスを使用して Cloud Manager 内でサポートされる階層化構成について、新しい Cloud Tiering BYOL ライセンスが導入されました。 "FabricPool ライセンスのインストールの詳細については、こちらをご覧ください"

ONTAP S3 に階層化する場合は、さらに次の要件があります。

  • 管理 Storage VM 用に設定された DNS サーバ内のリモート ONTAP S3 サーバのホスト名のエントリに、 S3 サーバの FQDN 名とネットワークインターフェイス上の IP アドレスが含まれている必要があります。

  • "クラスタ間ネットワークインターフェイス" ローカルクラスタとリモートクラスタの両方に設定する必要がありますが、クラスタピアリングは必要ありません。

また、 System Manager でボリューム階層化ポリシーを作成することもできます。

手順
  1. [ * ストレージ ] 、 [ 階層 ] 、 [ クラウド階層の追加 ] の順にクリックし、使用するオブジェクトストアプロバイダを選択します。

  2. CloudMirror を作成する場合は、 * FabricPool ミラーとして追加 * をクリックします。

FabricPool ミラーを使用すると、データストアをシームレスに置き換えることができ、災害発生時にデータを確実に使用できるようになります。