日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ミラーとバックアップを準備

寄稿者 netapp-aherbin netapp-lenida netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

データをリモートクラスタにレプリケートして、データのバックアップやディザスタリカバリを目的としてデータを保護することができます。

いくつかのデフォルトの保護ポリシーが用意されています。カスタムポリシーを使用する場合は、保護ポリシーを作成しておく必要があります。

ミラーとバックアップに備えたタスクのワークフロー図

手順
  1. ローカルクラスタで、 * Protection > Overview * をクリックします。

  2. 「 * クラスタ間設定 * 」を展開します。Add Network Interfaces * をクリックして、クラスタのクラスタ間ネットワークインターフェイスを追加します。

    リモートクラスタでこの手順を繰り返します。

  3. リモートクラスタで、 [* Protection] > [Overview] をクリックします。をクリックします メニューオプションアイコン [ クラスタピア ] セクションで、 [ パスフレーズの生成 ] をクリックします。

  4. 生成されたパスフレーズをコピーしてローカルクラスタに貼り付けます。

  5. ローカルクラスタで、 [ クラスタピア ] の下の [* ピアクラスタ * ] をクリックし、ローカルクラスタとリモートクラスタをピアリングします。

  6. 必要に応じて、 Storage VM peers の下で、をクリックします メニューオプションアイコン さらに * Storage VM* をピアリングして、 Storage VM のピアリングを行います。

  7. Protect Volumes] をクリックしてボリュームを保護します。LUN を保護するには、 * Storage > LUNs * をクリックし、保護する LUN を選択して、をクリックします Alt = 保護ボタン

    必要なデータ保護のタイプに基づいて保護ポリシーを選択します。

  8. ボリュームと LUN がローカルクラスタから正常に保護されていることを確認するには、 * Storage > Volumes * または * Storage > LUNs * をクリックし、ボリュームと LUN の表示を展開します。