日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソース Storage VM を再アクティブ化

寄稿者 netapp-rlithman このページの PDF をダウンロード

System Manager 9.8 以降では、災害発生後にソース Storage VM を再アクティブ化できます。ソース Storage VM を再アクティブ化すると、デスティネーション Storage VM が停止し、ソースからデスティネーションへのレプリケーションが再度有効化されます。

手順
  1. 適切な保護関係を選択します。 * Protection > Relationships * をクリックします。

  2. をクリックします Kabob アイコン をクリックし、 * Reactivate Source Storage VM * をクリックします。

  3. [ * 関係 * ] で、保護関係の [ * 転送ステータス * ] を表示して、ソースの再アクティブ化の進行状況を監視します。